ビューティー

顔の印象は眉毛で決まる!綺麗な顔立ちにする眉毛の描き方

女性の皆さんは普段メイクをする際に、1番何処に力を入れているでしょうか?

実は、顔の印象の1番の決め手は眉毛だと言われています。

 

今回は、綺麗な顔立ちを印象付ける、眉毛の描き方を紹介します!

眉毛の理想の太さ

 

女性がメイクをするときに1番悩むのは、眉毛の太さです。

日によって太さにばらつきが出てしまい、どれぐらい太いのがいいのかわからないということが多いです。

 

結論から言うと、眉毛の太さは太めが良いです。

眉毛を太くすることで目元の印象を際立たせ、女性らしい印象を与えることができます。

 

具体的にどれぐらいの太さにするべきかは人それぞれですが、8mm程度が理想です。

1cmを超えると、少し太くなりすぎてしまうので注意しましょう。

 

理想の眉毛の位置

次に理想の眉毛の位置について説明します。

image

 

  • 眉尻の位置…小鼻と目じりを結んだ延長線上(A)
  • 眉尻の高さ…眉頭と水平な一直線上(B)
  • 眉山の位置…目じりよりの白目の終わりの真上

 

眉頭

眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長線上です。

眉頭の位置は、自然に仕上げるために重要なポイントです。

 

 

眉山

眉山は、眉のカーブの1番高い部分のことです。

黒目が正面の位置にあるとき、黒目の外側から目尻までの間にあります。

 

 

眉尻

眉尻は、眉山よりも下にある部分です。小鼻のキワと目尻の延長線上にあると、バランスがよくなります。

眉頭よりも眉尻の位置を下げないのがポイントです。

 

美人眉の描き方

 

眉山から眉尻へ

 

意外と知られていないことですが、眉毛は、眉の中央から目じりに向かって描きます。

眉の上側ではなく、下側を先に描き、そのあと上側を描いてください。下から先に描くことで、太めにしたい場合に、そのあと上に描くことで眉のバランスがよくなります。

 

また、眉毛は下げすぎず、眉頭と水平な位置を保ちましょう。眉毛を長く描きすぎることは、顔全体のバランスを悪くしてしまう恐れがあります。図のように描くことを意識がけましょう。

 

image-1

また、眉頭は寝ている形より真上のおでこに向かって生えているように見えることが美しいです。

なので、描いた後は、少しコームやブラシで整えましょう。

 

 

ブラシは、最初はそこまで高めのものを使わなくても大丈夫なので、毛並みに沿って解かしてあげましょう。

 

眉山から眉頭

 

眉頭から眉山に向かって、ペンシルアイブロウを使って描き足してあげます。

眉マスカラを愛用している方は、眉山から眉頭に向かって描き足します。色はあまり濃い色はオススメしません。

 

image-2

下記のサイトには、グレーとブラウンのアイブロウが載っています。

私の1番のオススメは、柔らかい印象を与えるブラウンですが、大人っぽさをプラスしたい方にはグレーがオススメです!!

 

ヘナアイズ

 

眉毛は、汗をかくと1番最初に消えてしまいます。

アイラインと違い、描き直すことが少ない部位なので、ウォータープルーフのアイブロウを使うこともまたオススメです☆

 

ノーズシャドウをIN

 

パウダーアイブロウ指にとり、眉頭から鼻筋のくぼみに沿ってつけます。影をつくることによって、鼻が高く見える効果や、目のほりが深く見える効果も生まれます。

 

image-3

 

ここまで読んで頂いてお分かりかと思いますが、眉毛の形を整える時も、当然眉毛の下側から行います。

上から剃り始めると、眉頭を剃ってしまう可能性があり、眉頭がなくなると、冒頭でも紹介したような「困り眉」になってしまうので、美しい眉を作ることができません。注意しましょう!

 

そして、よくピンセット等で抜かれる方がいますが、抜くことはやめましょう。顔のうぶ毛、特に目の周りはとても皮膚が柔らかく、敏感な範囲でもあるので、剃るかカットかの方法で処理しましょう。

 

リソウノジブンの解答

・眉の形を整えるときは、下部分を!

・眉頭と眉尻の高さは、揃える意識を。

・アイブロウの色は極力明るめで。

・ノーズシャドゥのINで目鼻立ちを綺麗に。

 

眉毛は、メイクの中でも1番難しい範囲だと思います。

左右対称に描くことも、初めは難しいと思いますが、練習して綺麗に描けるようにしましょう♪

ABOUT ME
NAORIN
辛口トークが持ち味の元有名ブロガー。法曹界入りを目標に勉学に励む傍ら、リソウノジブンの執筆に携わる。