ビューティー

これであなたも美肌に!?正しい肌のお手入れ方法

美肌女性

ファッションやアクセスサリーにこだわるよりも、まず女性が気にするべきポイントはお肌です。

意外にお肌の手入れは軽視してしまいがちですが、しっかり手入れして美肌を維持するだけで周りの評価はとても変わります。

この記事ではを維持できる方法やテクニックを伝授します!

 

美肌づくりが女性の命

 

女性の美容において、最も大切とされるのが美肌作りです。

どれだけファッションに気をつかっていても、どれだけアクセサリーに気を使っていても肝心の女性のお肌が荒れていたりすると、せっかくのコーデが台無しになってしまいます。

 

この記事では、どうすれば美肌になれるのか、または美肌を維持できるのかについて気を付けるべきポイントや具体的な方法を紹介していきます。 

 

美肌づくりのために気をつけること

 

美肌づくりのために、まず気を付けておくべきことをご紹介します。

 

睡眠不足やストレスを抱えない

 

美肌づくりのためには、睡眠不足やストレスを抱えることは決して良くありません。

基本的だと軽視しがちですが、睡眠不足やストレスを抱えることでお肌には確実に悪い影響を及ぼします。一度自分の生活を見直し、生活習慣を改めてみましょう。

特に睡眠不足は肌への負担が大きいので、課題や仕事があったとしても朝に回し、できる限り日付が変わる前には就寝しましょう。よく夜の方が捗ると言ってついつい夜まで作業をしてしまう方が多いとは思いますが、お肌には本当に良くないです。

毎日終電前に帰るから厳しいという人は、本当に自分の肌を犠牲にしてまで仕事に打ち込む価値があるのかを見直しましょう。

まずは睡眠をしっかりとることが美肌への第一歩です!!

 

たんぱく質を取る

 

たんぱく質をたくさんとる意識をしましょう。

たんぱく質は美肌づくりを助けてくれる重要な栄養素です。肉や魚などにたんぱく質が多く含まれているため、積極的に摂取するようにしましょう。

 

その際の注意点としては脂っこい肉料理や、トロの部分は避けましょう。

なるべく肉や魚は脂身の少ない部分を選んで食べましょう、鳥の胸肉が断然オススメです。

 

また、低脂肪の大豆製品などもたんぱく質豊富でオススメです。

しかし栄養が偏るのも良くないので、野菜やビタミンを多く摂ることを忘れないようにしましょう。

 

正しい洗顔方法

 

次に、正しい洗顔の方法についてご紹介します。

睡眠をしっかりとり、栄養素であるたんぱく質を取っているだけでは本当の美肌は手に入りません。正しい洗顔をしてこそ、本当の美肌が手に入ります

洗顔方法1つで、肌の状態は圧倒的に変わりますので、その方法をご紹介します♪  

 

朝のお手入れ

 

朝は、軽くぬるま湯で顔を洗い、タオルで優しく水分をふき取る程度で大丈夫です。

タオルでゴシゴシ拭くのではなく、優しく包み込むようにしてトントンとタオルを顔に当てるだけにしましょう。

 

夜のお手入れ

 

①入浴前にクレンジングでアイメイクのみ落とす

夜の洗顔方法としては、まず入浴前にクレンジング等でアイメイクのみ落とします

入浴前にアイメイクを落とす理由は、顔全体を一緒にクレンジングすると顔にアイメイクの汚れが広がり黒ずみやくすみの原因となってしまうからです。

心当たりのある方は今すぐ方法を改めましょう。

また、シートタイプの洗顔もありますが、確かに便利ではありますが美肌を目指すにあたっては、完全に化粧が落ちないこともあるので使用は極力控えましょう。

 

②ジェルクレンジングで顔全体を洗う

次に、ジェルクレンジングで顔全体を洗います。ここまでで洗い流すお湯の温度は、33~35度がベストだと言われています。その理由は熱いお湯で洗い流すと、必要な皮脂まで流されてしまうので、ニキビができやすくなります。

乾燥しすぎないように、気をつけましょう!

③洗顔する

そして、洗顔をします。角が立つまで、洗顔フォームやせっけんを泡立てて、手や指が直接肌に触れないよう、Tゾーンからくるくると洗います。

お湯の温度は33~35度をキープして、顔にパシャパシャと軽くかけてあげてください。 

毛穴が開ききっているので、汚れが落ちやすいことに加え、シャンプー等の汚れも同時に洗い流されます。

洗顔は美肌を手に入れるうえで最も大事なことなので、よく意識して実践して習慣化させましょう!カサカサ肌の防止対策にもなります。

洗顔の後は化粧水をつける

 

洗顔後は必ず化粧水をつけましょう

美肌をつくる上では必要不可欠です!

 

人間の体は水分が多く含まれています。化粧水の成分はそのほとんどが水分でできているため、顔につけることでうるおい成分を肌に与えることができるのです。

肌に水分を与えると、みずみずしい肌、すなわち「美肌」が手に入ります。

洗顔後ではなく普段の肌に化粧水をつけたとしても、水分は浸透しますが、顔についた皮脂などの汚れ等に邪魔され、肌への浸透はうまくいきません。

ですので化粧水は汚れがなく、水分吸収しやすい洗顔後の状態の時につけるのがベストです。

 

化粧水はお肌に必要な成分が入っていることが理想で、それが自分の肌とマッチすることで美肌に近づくことができると思ってよいでしょう。

化粧水の選択については、慎重に選ぶことが大事です!

▼オススメ化粧水を載せておきます。

珠肌ランシェル

 

化粧水つけて、乳液塗って、クリーム塗って…。

オールインワンジェルは、大ざっぱな方にオススメです!

 

化粧水をつけるときの注意

 

化粧水をつけるときに、だいたいの女性はやってると思いますが、コットンに含ませてから顔につけましょう!乳液も同様です。

乳液は、化粧水の後につけるものですが、これは化粧水の後に乳液をつけることで、肌に適度な水分と油分を吸収させることが目的となっています。

なので、乳液はつけすぎに注意してください。ニキビができている期間などは、無理につける必要はありません。

化粧水は欠かさずつけましょう!!

 

お肌にはコラーゲン

最後に、美肌の決め手になるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。肌の中においては、細胞と細胞をつなげる働きをしています。

 

アミノ酸を原料として体内合成をするものですが、年齢とともに減少していき肌においてもその数が減っていく事で、細胞間に隙間ができたり、結合が緩んでいきます。

その結果、しわが深くなったり、肌にハリがなくなっていきます。同時に水分を保つことができなくなり、美肌とはいえない状態になります。

ですから、減少分を補うことは、再び美肌に近づくことができると言え、このコラーゲンは、肌だけではなく靭帯、軟骨にも必要な成分です。高齢者の関節痛などは、コラーゲン不足も原因としてあります。

こうして、体内に大量のコラーゲンを必要としている部分は多くありますから、美肌のためには、より多くのコラーゲンを摂る必要が出てきます。

コラーゲンは、豚足、牛すじなどに多く含まれていると言われていますが、これらの私欲品を毎日食べ続けることは現実的ではないかもしれません。定期的にサプリメントなどで補いましょう。

 

リソウノジブンの解答

・お肉を食べるときは、脂っこくない胸肉を。

・ぬるま湯での洗顔を意識する。

・コラーゲンも摂る意識をもつこと。

・化粧水はかかさずつけること。

 

以上のことを意識し、よりメイクのりのよいお肌を目指しましょう♪

ABOUT ME
NAORIN
辛口トークが持ち味の元有名ブロガー。法曹界入りを目標に勉学に励む傍ら、リソウノジブンの執筆に携わる。