韓国発、話題のティント!簡単楽ちんな使い方 リップ編

今では知らない人はいない、韓国発のコスメ、ティント。
聞いたことはあるけど実際には使い方がわからない、なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まだ挑戦できてない…そんな方のために、基本的な知識と使い方をご紹介します!

 

ティントって?

まず、ティントの説明をします。
ティントとは、自分の体温と水分量によって色が変化し、その時の自分の肌になじみやすい発色をするものです。
時間が経つとまた違う色に変わる、なんとも不思議なアイテムです。持っているととても便利です!

ティントにはいくつか種類がありますが、ここではリップティントをご紹介します。

ティントの意味

ティントは英語でTintと表記されます。色合いや濃淡を意味します。

 

つまり、使用した箇所に色をつける、という意味です。とても想像しやすいですよね。
肌によって色が変わるので、不自然な発色になることはありません!更には落ちにくいので、いちいちつけ直す必要もありません。

人気の理由

冒頭でも書いた通り、韓国で人気のティントメイクですが、その理由はビューティーアイコンである「オルチャン」によるトレンドメイクにありました。

ナチュラルさを大事にするオルチャンメイクに、ティントが重宝されていたのです。

オルチャンメイクの人気が日本にも広まってきたことにより、オルチャンメイクで使われるコスメが日本の女性の間でも話題を呼ぶことになりました。

韓国発のティントでしたが、最近では日本製のティントも発売されるようになりました!

 

ティントの種類

それでは、ティントの種類をご紹介していきます。

リップタイプ

tint

引用元:https://mery.jp/179110

スティックタイプとも呼ばれる、リップタイプです。普段口紅をつける方なら馴染みのある形ですよね。
口紅同様、直接使えるので大雑把な方でも簡単に使っていただけます。

濃淡がつけやすいので、唇の内側と外側で色味を変えてグラデーションにしても綺麗です。
更にリップのように保湿成分も含まれているので、ケアしながらおしゃれを楽しめちゃいます。

ミルクタイプ

tint

引用元:https://korealove-girls.com/7940/

リキッドリップに近い、ミルクタイプ。
色味がはっきりとでて鮮やかなのに、ミルキーで柔らかい発色で唇に溶け込んだような色合いがとても綺麗です。

こちらも保湿成分がたっぷりはいっているので、つけ心地抜群です!
リップタイプに比べると艶感が増すので、女性らしい雰囲気を出したい方にはオススメです。

ジェルタイプ

tint

グロスのようにチューブに入っており、テクスチャーが少し重ためであるのが特徴です。
ティントの中で最も主流のものです。オイル成分も入っているので、見た目もとても美しく仕上がります。

指でなだらかになると薄く、チューブでそのままつけると濃くなるので、色あいもたくさん楽しんでいただけます。

ウォータータイプ

tint

引用元:https://arirangsuper.com/product_info/?pid=15428&sm=v

 

読んで字の如く、水のようなサラサラとした肌触りです。
ネイルポリッシュのようなボトルにチップが付いている形状のものが多いです。

血滲みリップとしても使いやすく、顔色も全体的に血色よく見えるので、肌が白い方にオススメです。

バームタイプ

tint

引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/ulu-hawaii/

指でつけて色を調整するバームタイプ。リップバームは、元々保湿力がすごいのでずっと潤いを保つことができます。
ティントの中での保湿力はダントツです!

あまり色がつくのが苦手…という方にもオススメなバームタイプは、リップ初心者な方にも使っていただけますよ。

パックタイプ

tint

引用元:https://item.rakuten.co.jp/hakodateshop/cos-20/

このタイプは、リップの中ではあまり見られないものですが、1度塗ってから一定の時間放置することで色を移すというものです。
殆どが唇の上で固まってシート状になるので、それを剥がせば完成です!

 

剥がすと発色が綺麗に出ていて、もちとしてはおおよそ12時間前後と言われています。
更には他のティントの下地などにも使われることから、薄いメイクとの相性が良いです。薄めメイクが好きな方にオススメです。

 

ティントの人気の秘訣

 

色が落ちにくい

ティントは唇の角質層にしっかり色を染み込ませるので、色が落ちにくいというメリットがあります。

一般的なリップメイクコスメは、色を上から塗るだけなので、食事の際などに色が落ちてしまいます。
しかし、ティントは水分や体温の変化にも対応しているので、塗ったときの色が長くもちます!

 

自分の好きな色が作れる

自然と唇に色がなじむので、綺麗なグラデーションなども作ることが可能です!

一般的なリップでグラデーションを作る際には、ぼかしたりなど調整をするため自分の思った通りの色が作れない恐れがありますが、ティントは自分好みのグラデーションを作るのが非常に簡単です。

更には塗っているところと塗っていないところの境目も自然なので、立体感のある理想的な唇を演出できます!

 

自然な発色

ティントは一般的なリップと違い唇に染み込んで発色するので、不自然な仕上がりにならず理想的な唇を作ることが実現可能です。
いかにも塗っている、という仕上がりにならないのもまさに理想的ですよね。

仕事場など、ナチュラルメイクを必要とされる場合にはとても便利ですし、オルチャン風メイクにも映えます!

 

リソウノジブンの解答

・リップティントは落ちにくい!

・お手軽に色をつけられる

・色んなタイプがあって自分に合うものを見つけられる

いかがでしたか? ティントを知らなかった方も、これで挑戦しやすくなったかと思います。 是非色んなタイプのティントに挑戦してみて下さい♪

sponsored link

一重だから綺麗にアイメイクができない…なんて悩みを持ったことはありませんか? それは、単に自分の魅力の出し方を知らなかっただけかもしれ
女性の髪型の好みは男性によって異なりますが、男性にとってどのような髪型が理想なのでしょうか? 今回リソウノジブン編集部は20代男性50
アイシャドウを塗るとき、あまり冒険できずに無難なブラウンやベージュを選びがちな方は多いのではないでしょうか。 しかし、たまには気分を変
前回の記事でご紹介したように、リップティントも眉毛のティントと同じように今話題となっています。 眉毛は、描くのがなかなか難しいですよね
アイシャドウの塗り方次第で目の印象が変わるなぁと思ったことはありませんか? アイシャドウを入れてるか入れてないかだけでも、大分見え方は
あなたが普段1番意識していないところはどこでしょうか。 服装や髪型、メイクなどは気合い入れて美しく仕上げているかと思われますが、私生活
  女性の悩みの1つ、ムダ毛。 剃っても剃っても生えてくるムダ毛は、その処理に時間も手間もかかってしまいます。 そんなムダ毛
爪先のオシャレにはネイルが欠かせませんが、ジェルネイルというものをご存知ですか? 知っているけれどどういうものかよくわからないという方
女の子なら、1度は気になるマツエク。 施術する長さや形によって派手目にもナチュラル目にも変身できちゃいます。 でも、どういう頼み方した
一般的にアイメイクをする際に1番色を取り入れやすいのはアイシャドウと言われています。 しかし、いつも同じメイクだと飽きてしまいますよね
うまくマスカラをつけたいけれども、マスカラがダマになったりまぶたについたりしてしまうという悩みは誰にでもあるものです。 この記事では手
歳を重ねるごとに、周囲からの目も気にするようになります。 1番周囲の人間がどこを見ているかわかりますか?実は、ムダ毛の処理なのです。
塗るだけ塗っても浮いてきたりしてしまうと、全体的に見栄えが悪くなってしまいます。 実はよくわからないでやっていた、なんて方もいらっしゃ
年度やシーズンによって流行のリップカラーは変化します。 2016年の春夏にかけては鮮やかな赤色のリップが流行しましたが、秋冬に流行する
女性の皆さんは普段メイクをする際に、1番何処に力を入れているでしょうか? 実は、顔の印象の1番の決め手は眉毛だと言われています。 &n
化粧の練習し始めに1番はじめに手をつけるところは、アイメイクの方が多いと思います。 アイメイクがしっかりしていると、周囲への印象もはっ
チークは化粧が苦手な初心者の方でも簡単にメイクができるとても便利なアイテムです。 色選びから、チークの入れ方によって印象がガラッと変わ
魅力的な口元って憧れませんか?トイレなどで1番化粧直しをする箇所は口紅やグロスを使うリップですが、リップの使い方一つで魅力的な口元は作
最近周りに便秘に悩む方、増えていませんか? 体質によるものだと思いがちですが、実は普段の生活習慣が原因かもしれません。 この記事では便