ファッション

オシャレは足元から! 持っておくべきハイブランドシューズ

shoes

洋服だけオシャレでも、足元や手元がボロボロだと幻滅してしまいませんか?

特にシューズには個性が出るところですが、靴は1つ良いものを持っておくと長く使い続けられます。

今回は知っておくべきハイブランドシューズをいくつか紹介していきます。

 

ハイブランドシューズの良いところ

ハイブランドシューズ、といってもピンキリですが、ヒールなど高さのあるものでも安定感抜群で歩きやすいです。

デザインは勿論、レザーものなどはリアルレザーを使用されていることがほとんどなので、靴擦れなども起きづらくなります。

そして何より、高いお金を払って買った!!という意識があるので、歩くときに歩き方などに気をつけるようになります。
これは、姿勢などにも影響を及ぼすので女性としてのいわゆる女子力UPにも繋がります。

ここでは様々な国から出されているシューズをご紹介します。

 フランスブランド

reppeto(レペット)

reppeto引用元:https://www.taaora.fr/blog/post/repetto-ballerines-printemps-ete-2014

 

reppetoは、ローズ・レペットが1947年にフランスのパリに設立し、パリオペラ座近くの小さなアトリエで「consu retourne」(縫ったあとにひっくり返す)という製法を用いてダンスシューズのデザインを始めました。
レペットの靴は、「足に手袋をはめているよう、スリッパのようなはき心地」と職人さんは伝えています。
ブランドアイデンティティは「ダンス」です。

1956年、フランスのアイコン的な女優ブリジットバルドーが映画「素直な悪女」で使用する靴を作って欲しいとreppetoに依頼しました。ここから誕生したフラットバレリーナシューズは大ヒットしました。

シューズごとに名前が違うreppetoは、愛らしさも感じられます。
セール時期にはベーシックカラーが完売するほどの人気です。
とても綺麗に履いていただけるので、綺麗めなパンツスタイルやAラインシルエットのスカートスタイルなどとも相性が良いです。

 オーストラリアブランド

UGG(アグ)

UGG引用元:https://www.consoroom.com/ugg-australia/

 

1978年、若きオーストラリア人サーファーが南カリフォルニアのビーチでUGGブランドを立ち上げました。
オーストラリア人である彼はシープスキンに愛情を持っており、世界の人々と共有したいと考えていました。

1980年代半ばには、ゆったりとした南カリフォルニアのカルチャーの象徴としてUGGは、カリフォルニア沿岸のあちこちにあるサーフショップで人気を集めるようになりました。

2000年代初期、ニューヨークのファッション業界に旋風を巻き起こしたUGGは、ブーツやスリッパのみならずヴォーグ誌の紙面を彩るスタイリッシュなラグジュアリーアイテムも手がけるようになりました。
そして、2006年、UGGは初の直営店をソーホーにオープンし、世界のファッションの中心地にその名を刻みました。

上記でも紹介したように、サーファーから好まれていたため靴下を履かずに直接履いていただいても大丈夫です。
肉厚のファーは足を丸ごと包んでくれるので、寒い冬にも寒さを感じさせません!
ですが砂浜の上を歩くときに履きたいと考えられ作られたので、作り自体は繊細です。履くときには、すり歩きなどはしないようにしましょう。

 アメリカブランド

MINNETONKA(ミネトンカ)

MINNETONKA引用元:https://www.wmagazine.com/fashion/2013/08/wren-minnetonka-moccasins/

 

MINNETONKAは1964年に創業されました。より良い生活を送るため、多くのアメリカ人は荷物を車に詰め込み西を目指しました。
その際にMINNETONKAのモカシンを履いて家路に着きました。

MINNETONKAのモカシンは陶器やガラス食器、旅行用のポスカードと同じくギフトショップの中のメインアイテムとして販売されました。
当時3ドル80セントで売られていたモカシンは、多くのお客様から人気を集めました。

MINNETONKAはどんな服装にも、そしてどの季節にも合わせられる万能シューズです。
裏側がゴムになっているので、足に負担がかかりにくくなっています。
無難な色から色物まで多く取り扱っているので、足元にアクセントを持っていきたい方にオススメです!

 スペインブランド

CHIE MIHARA(チエ ミハラ)

chie mihara引用元:https://www.spanishoegallery.com/category/chie-mihara/

 

CHIE MIHARAは2001年に日系ブラジル人のチエ・ミハラによりスタートしました。

女性による女性のためのシューズ、子供のいる母親や働く女性、アクティブに活動する女性…。
そんな色々な女性が欲しいと思う、デザイン性がありつつも快適なシューズを作ろうと思いブランドを始めました。
フェミニンで美しく魅力的なシューズでありながら快適さを損なわないシューズ作りを目指しています。

女性らしさを追求することを謳っているCHIEは、高すぎないヒールやエレガントなデザインのものが多いです。
足元だけで女性らしさがUPしてしまいます!女性必見のシューズです♪

 

Calzanor(カルザノール)

Calzanor引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/shoesgallery-hana/cal-1304.html

 

スペインのエスパドリーユを代表するブランド、Calzanor。
1928年に創業し、ソールからアッパーまで全て自社工場で生産され、編んだジュート(麻)を職人が手作業によって丁寧に足型に仕上げています。

老舗ブランドから作り出される安定した品質の中に、トレンド感や取り入れやすい高いファッション性を感じるデザインです。
選び抜かれた素材と、様々な素材を使用したバリエーション豊かなシューズはヨーロッパをはじめ全世界で愛されています。

Calzanorのインソールはとても柔らかく、長時間歩き続けても疲れないのがポイントです。
足に負担がかかりにくいので、幅広く多くの女性から愛されています。
百貨店だけでなく、シューズ専門店などにも取り入れられているブランドなので、気軽に実物を見ていただけます!

 

Palanco(パランコ)

palanco引用元:https://shoes-hana.com/index.html

 

スペインの小さな町から生まれた、本格的な乗馬ブーツを専門に作っている老舗ブランドです。
職人によって厳選された素材と妥協しないデザインで世界中から愛されています。
クラシックな表情が魅力的な、美しいレザーシューズです。
ブローギング、メダリオン、ステッチの1つ1つが細やかにグッドイヤーウェルト製法によって丁寧に作りこまれた一足です。

Palancoのレザーは履きこむほどに馴染んでいく上質なものを使用されています。
インソールはクッション性があり、長時間歩いても疲れにくいです!
アウトソールには風合い豊かなレザーを使用し、ヒール部分にはグリップ力のあるラバー製で安定感のある履き心地です。
ブーツ好きの方は1足は持っておきたい、脚のラインが綺麗に見える理想的なブランドです。

 

mohi…(モヒ)

mohi引用元:https://item.rakuten.co.jp/danjo/23217162psize37/

 

熟練の靴職人が多い国、スペインで誕生したシューズファクトリーです。
スペインで多く生産されるジュートを用いたシューズ「エスパドリュー」を生産するメーカーの1つです。
中でもスマートなフォルムや独特な細工が施されたレザーをアッパーに使用するなど、他にはない独創的なデザインを得意とするブランドです。

今回紹介しているブランドの中では、1番お手頃価格です。
デザインはベーシックなものが多いですが、紐部分が柔らかかったりなど靴擦れを考慮されて作られています!
セレクトショップなどでちょくちょく見かけるブランドです。
ベーシックなデザインが好きな方にはオススメです!

 ブラジルブランド

CARRANO(カラーノ)

carrano引用元:https://mint-kobe.jp/shopnews/2775/

 

ブラジルのフットウェア界のパイオニアとして、高い地位を獲得しています。
様々な年齢層やスタイルを考慮した幅広いコレクションを展開するファクトリーブランドで、ハイヒールを中心とした靴作りを行っています。

洗練されたデザインやリアルレザーを使用したCARRANOは、とても履きやすく脚のラインを綺麗に見せてくれます。
ベーシックなピンヒールから少し変わったデザインまで、様々なもので楽しんでいただけます。
フォーマルな格好でも綺麗めな私服でも、そしてカジュアルなスタイルにINしてまとめても素敵です。

 イタリアブランド

FORME DI CUOIO(フォルメ ディ クオイオ)

forme di cuoio引用元:https://item.rakuten.co.jp/cappio/13-sp10bis/

 

イタリア中央部、トスカーナ州のファクトリーブランド。
サンダル・スリッパ生産で培った履きやすいラストを使用し履き心地の良さに定評があります。
ヨーロッパ内でも数多くのブランドからの生産依頼が絶えないほど高い実力が認められています。

シンプルだけどトレンドを抑えたFORME DI CUOIOは幅広い年齢層の方から絶大な人気を得ています。
インソールの快適さはもちろん、今年流行ったサボ型でもクロス型でもリアルレザーが個人の足に馴染んでくれるので、痛みを感じることなくヘビロテしていただけます。
セレクトショップで主に取り扱われているので、是非1度見てみてください!

 

hundred(ハンドレッド)

hundred引用元:https://www.rakuten.co.jp/

 

40年以上の歴史を持つイタリアトスカーナのファクトリーが提案する、卓越された技術と洗練されたノウハウを兼ね備えた彼らは代々メンズシューズを中心にコレクションを展開してきました。
hundredはそんな彼らが今の時代のムードにあった、新鮮なコレクションを提案するため、デザイナーにダニエレ・ペッツォーラを招き、スタートしたブランドです。

ショートブーツが有名なhundredですが、デザイン性や加工が他にはないので個性が出るブランドです。
ブーツ自体もとても軽いので歩きやすく、どこに行くときも履きたい!と思わせてくれる理想のデザインです。
カジュアルスタイルから綺麗めなスタイルまで、あらゆるジャンルとのコラボを実現させてくれます。
ちょっと大人な自分に挑戦したい、そんなあなたにオススメです!

 

リソウノジブンの解答

・上質な素材のものには奥深い歴史がある

・値段がはるものは長く使える!

・足元が綺麗なだけで全体的に品がある様に見える

いかがでしたか?

普段は高くてなかなか買えない…とも思いますが、お金を貯めて1足でも持っていると気分もまた変わってきます。

少しずつ良いものを取り入れて、よりコーディネートの幅を広げてみて下さい♪

ABOUT ME
NAORIN
辛口トークが持ち味の元有名ブロガー。法曹界入りを目標に勉学に励む傍ら、リソウノジブンの執筆に携わる。