明日からあなたは会話上手に!?話を上手く伝えるために意識すべき3つのポイント

人と話す際に、上手く話が伝わらなくて困ったという経験はありませんか?

初対面の人や立場・共通認識が違う人と話が上手くかみ合わず伝わらないという場面には誰でも遭遇したことがあるかと思います。

そのような場面では、特に誰にでも分かりやすいような話し方を意識しなければなりません。

このページでは会話を伝えやすくするために意識すべき3つの基本的なポイントをお伝えします。

ポイント①話の論点を意識する

komattakao_kaiwa 

 相手と話をしても上手くかみ合わないことが多いと感じる方はこのポイントを意識してみましょう。

 

論点とは「問い」の事です。問いに対しては常に回答がセットになっています。

このセットを意識せず話しているため相手の聞きたい内容と自分の話している内容がずれてしまっているのです。

 

特に相手が質問をしてきた場合にはこの論点を意識しましょう。質問してきた内容から相手がYes/No、5W1Hのどの論点で問うてきたのかを考え、何が聞きたいのか推測して答えることが重要です。

 

話の論点を意識した会話の例

 

上司「プロジェクトXXの進捗はどんな感じだ?」

部下「まだ終わっていません。」

 

この会話は一見意味が伝わっているように見えますが、実は会話としてはダメな例になります。

 

上司はプロジェクトXXが「どのくらい」進んだか?という論点で質問し、Yes/No、5W1Hの中のHowの部分を聞きたがっています。

しかし、部下の回答はプロジェクトが「終わった/終わっていない」というYes/Noの質問に対応する内容となっています。

 

つまり上の会話では上司と部下の会話の論点がずれている状態となっているのです。

 

 

ポイント①の論点を意識した会話の例はこのようになります。

 

上司「プロジェクトXXの進捗はどんな感じだ?」

部下「少し前から立ち上げの段階までで止まっています。」

 

上記の例だと論点を把握できた返答になっていますね。

 

ポイント②話にリアリティを持たせる

 reality-kaiwa

 

初対面の人と話をする際に上手く伝わらないという方はこの点に注意です。

 

人は自分の持っているイメージに基づいた内容で話をしてしまいがちです。しかし、それでは相手に対して上手く話を伝えることは出来ません。

 

なぜなら、自分の持っているイメージを相手が持っているとは限らないからです。自分と同じイメージを持っていない相手に上手く話を伝えるには、相手と同じイメージを共有する必要があります。

 

そのために有効なのが、会話に固有名詞と数字を多く使ってリアリティを持たせ、相手の中に自分と共通のはっきりしたイメージを作ることです。

 

ポイント①の会話の例

 

上司「プロジェクトXXの進捗はどんな感じだ?」

部下「少し前から立ち上げの段階までで止まっています。」

 

ポイント①の会話の例を更に発展させてみましょう。

部下が「少し前から」や「止まっています」という曖昧な言葉を使っています。

それでは上司にプロジェクトの進捗状況は上手く伝わらず、プロジェクト進捗のイメージを共有することは出来ません。

 

さらに、上司にとっては、いつから止まっているのか?、なぜ止まっているのか?といった新しい疑問が生まれてしまいます。

そういった疑問の発生を防ぐために会話に数字や固有名詞を使ったキーワードを使って言い換えてみましょう。

 

ポイント②のリアリティを意識した会話の例はこのようになります。

 

上司「プロジェクトXXの進捗はどんな感じだ?」

部下「先週から松田マネージャーの立ち上げ承認待ちの段階で止まっています。」

 

論点を意識することに加え、話にリアリティが加わりました。

 

ポイント③自分の意見や感情を付け加える

 teian-kaiwa

 

一見基礎的なことに思えますが、意外と出来ていないことが多いのがこのポイントです。

 

ただ情報を相手に伝えるだけの会話で終わっていてはいけません。相手は次にどのような質問をして話を聞くべきか考えなくてはならないため、返答に困るからです。

 

その場合には、相手に話の内容について意見を考えさせるのではなく、伝えた情報に対する自分の意見を相手に伝えることで話が伝わりやすくなります。

なぜならば、相手はあなたの話の内容を肯定/否定、共感/反感単純化して受け取ることが出来、理解しやすくなるからです。

 

ただ、このポイントは多用に注意です。特に多人数に説明する場面や相手との関係性に依っては必要ないことや無用な反感を持たれることもありえるためTPOに注意しましょう。

 

上記を踏まえて会話の例を考えてみましょう。

 

ポイント②のリアリティを意識した会話の例

上司「プロジェクトXXの進捗はどんな感じだ?」

部下「先週から松田マネージャーの立ち上げ承認待ちの段階で止まっています。」

 

この会話では上司に対して現状どうなっているかという情報を伝えることが出来ました。

しかし、上司の立場からしてみればプロジェクトに何か問題がないか?、何か上司がすべきことはあるか?といった次の部分が気になってくるでしょう。

その際伝えた情報について意見を述べておくことで質問に先回りして回答することが出来、また上司も話の内容+意見を肯定/否定という形で楽に受け入れることが出来ます。

 

ポイント③の意見を意識した会話の例

 

上司「プロジェクトXXは今どんな感じだ?」

部下「先週から松田マネージャーの立ち上げ承認待ちで止まっています。日程も厳しいため、出来れば早くプロジェクトを進行させたいです。」

上司「そのような状況なのだね。分かった、私の方から松田マネージャーに話をしておくよ。」

 

自分の意見を伝えることで上司も返答がしやすくなり、会話がスムーズになりましたね。

 

話を伝える方法まとめ

リソウノジブンの解答

ポイント① 論点を意識する。

ポイント② 話にリアリティを持たせる。

ポイント③ 自分の意見や感情を付け加える。

いかがだったでしょうか?

特にポイント②とポイント③は会話内容に対しての自分と相手の情報量に差異がある場合に起こりやすいです。そのような相手と話す際強く意識して使ってみてください。

これらのポイントは一見難しそうに思えるかもしれませんが、普段の会話から意識していけばすぐに自然に出来るようになります。周りの人たちから「話が分かりやすい!」と言われることを理想として頑張ってください!

今年ももうすぐクリスマスがやってきますが、どこにお出かけするかはもう決めましたか? 毎年クリスマス直前になって悩むことも多いのではない
男性から見て女性はどのように思われているのでしょうか? 男女の考えはそれぞれかなり異なるため、同性同士で話していても異性の本音というの
男性は女性に色んなことを求めすぎだと感じる方は多いのではないでしょうか? 化粧や身だしなみなど、ただでさえ女性はやることが多くて大変な
SNS上などで女性が男性の望む女性の理想像は数多くあれど、イマイチどれが本当かわからなくなることがほとんどです。 この記事では男性が理
あなたは今お付き合いしている彼との関係はどうですか? せっかくだったら、素敵な彼と素敵な時間を送りたいですよね。 彼との良い関係を保つ
学生時代の受験に始まり社会に出てからの資格取得など、私たちは「勉強」とは切っても切れない縁にあります。 勉強をすることで幅広い教養を培
 あなたは将来どんな職業に就きたいのか、どの様に成長していきたいのか明確に考えたことはありますか? 正直数十年先の将来のことなんて、ま
自己紹介や議論の場など、何を考えて話せばいいのかアイデアが思いつかなくて困ったという経験はありませんか? そんな状況に陥る前に、事前に
異性と向かい合うと緊張で話せなくなる人、周りから無愛想だと言われて困っている人、相手に嫌われることを恐れて会話から逃げてしまう人・・・
なんだか避けられてる気がする、最近仲の良かった人たちにめっきり遊びに誘われなくなったなどはもしかすると嫌われてるというサインかも。 知
「あの人のように優雅な暮らしをしたい」「かっこいいキャリアウーマンになってみんなに認められたい」「幸せな家庭を築きたい」など、誰もが理
今後の人生は20代の過ごし方一つで決まると言われており、20代のうちに何をやっておくかで今後の人生に大きな差がつく可能性があります。
普段何気なく女性と接しているつもりでも、いつの間にか女性に避けられたり、評価が下がってしまってたりしたことはありませんか? え!そんな
普段何気なく生活していく中で、自分はこれが得意だあれが得意だと意識して生活している人はそこまで多くないでしょう。 しかし、面接などの人
コンサルタントといえば数ある仕事の中でも知的かつ高収入なイメージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 その一方で転職も多く生き
モテたいと思ってもどう自分を変えればいいのかわからない方も多いのではないのでしょうか。 しかし、モテるためにすべきこと非常にシンプルな
物事をずっと前向きに考え、ポジティブでいることができれば、人生はきっと楽しいものになるはず。 しかし、人生には山あり谷あり、ずっとポジ
近年インターネットやSNSの普及もあって、人と面と向かって話す機会が減ってきました。 そんな中、人と話すのが苦手になっている人、通称「