ライフスタイル

リンゴでお肌も腸も綺麗に!ダイエットに理想的なリンゴの食べ方4選

リンゴはおやつにサラダにと様々な食べ方がある最もポピュラーな果物です。

しかし、普段何気なく食べているリンゴも食べ方次第で大きくダイエット効果を上昇させることが出来るのです。

この記事ではリンゴを食べて効果的にダイエットする方法をご紹介します。

リンゴダイエットとは?

リンゴダイエットは大きく2種類のやり方があります。

 

1つ目はエドガー・ケーシーという方が提唱し「思いっきりテレビ」などで紹介された、3日間リンゴと水のみのプチ断食を行う方法です。

2つ目はバラエティ番組「お試しかっ!」などで紹介された、一週間毎日一食をリンゴに置き換える方法です。

 

前者のやり方は短期間で大きく体重を落とすには効果がありますがリバウンドのリスクや栄養バランスが偏ることに依る健康面への影響が大きいため、あまりオススメしません。

 

一方、後者のやり方は痩せる早さは遅いですが比較的無理なく進められるためオススメです。

置き換えリンゴダイエットのやり方とメリット

apple3

一日3食のうち朝または夜の食事をリンゴに置き換えます。少なくとも一週間以上は続けないと効果が実感できないので、継続が肝心です。

また、朝・夜どちらの時間帯で食べるかによって効果が変わるので自分の生活や好みに合わせて選択しましょう。

朝食べる場合

朝食に食物繊維が多いリンゴを食べると通じが良くなり、体調を整える働きがあります。

さらに脳の栄養分である糖が含まれるため、朝から頭を活発に働かせることが出来ます。

 

また、果物の中でも皮ごとtあげることができるので手間がかからずに食べることができるのも魅力的ですね。

夜食べる場合

消費カロリーが少なくなり、摂取カロリーが多くなりがちな夜にご飯をリンゴに置き換えることでより高いダイエット効果を望むことが出来ます。

リンゴ一個約300gの可食部は270gで150kcal程度なので標準600kcalのカロリーを摂取するはずだった夕食をリンゴに置き換えると450kcalものカロリー削減になります。

ダイエット効果を高める食べ方

apple4

皮ごと食べる

皮ごと食べることでリンゴの皮に含まれているポリフェノールやペクチンを摂取することが出来、生活習慣病の予防に効果があります。

また、皮ごと食べると歯応えも良くなるため更に満腹感が得やすくなります。

ただし、汚れが付着してる場合もあるので、食べる前にしっかりと水で洗うことを心がけてください。

すりおろして食べる

歯応えありすぎて好きになれないという方や、丸ごと食べるのに飽きてしまった方はこちらの食べ方がオススメです。

そのままスプーンで食べてもいいですが、リンゴと同じく朝食向きでカロリーの低いヨーグルトなどに入れることで、ダイエット効果を保ちつつ別の味わいを楽しむことが出来ます。

まとめ

リソウノジブンの解答

1日1食をリンゴに置き換えることで継続でしやすいダイエット

・生活に合わせて朝と夜どちらかで食べよう

・皮ごと食べることで栄養と満腹感が得やすい

いかがでしょうか?

結論からいうとリンゴを食べるだけなのでどのダイエットよりも手軽に始めることが出来ます。初めてダイエットしてみようという方も是非チャレンジしてみてください。

ABOUT ME
リソウノジブンライター部
リソウノジブンライター部がこの記事をお届けしています。