理想の学習法!情報のランク付けで学習効率を爆発的に高めよう

学習に取り掛かる上で学習時間を増やすことも重要ですが、学習効率を高めることで今以上に学習の成果を見込むことができます。

この記事では情報のランク付けによって学習効率を高める理想の学習法をご紹介します。

 

学習時間と効率 

books

あなたは学習するときに「学習効率」を意識していますか?

もし意識していないのであれば、学習の成果を上げる上で理想的ではないやり方になっている可能性があります。

 

学習の成果とは「学習の成果=学習時間×学習効率」で表すことができます。

 

学習時間を100時間にしても学習効率が1であれば、学習の成果は100です。

一方、学習時間が50時間でも学習効率が上記の4倍だと、学習の成果は200です。

 

上記でわかるように、いくら学習時間をかけても学習効率が悪くては自己実現の道のりは程遠くなる一方です。

では一体どうすれば学習効率は向上するのでしょう。

 

情報の取捨選択で学習効率向上

dictionary

理想の自分を実現しようと学習に取り掛かるためには、大量にある情報を取捨選択し、その中で重要なものについて重点的におさらいするなどして、効率よく学習を進める必要があります。

なぜ情報の取捨選択が重要なのかということですが、例を挙げて説明しましょう。

 

あなたは大学受験で合格しようとしています。

大学受験に必要な科目は国語、数学、英語で、それぞれの配点は100点、100点、300点です。

 

どれも偏りなく勉強すればいいと思う方もいるかもしれませんが、配点の高い英語を集中的に学習しなければ合格は難しいというのは明白です。

 

この時に情報の取捨選択を行う必要があるのです。

一見すると国語、数学、英語全てに取り掛かろうとしてしまいますが、優先順位的には英語>数学=国語です。

 

さらに採点基準が不安定な国語よりも公式を暗記するだけで確実に得点を期待できる数学に力をおいたほうがいいでしょう。

よって英語>数学>国語の順に優先順位をつけて学習すれば確実に成果(合格)が出るでしょう。

 

情報の取捨選択はランク付けを!

a-woman-covered-with-books

先ほど具体例で情報の取捨選択について説明しましたが、具体的な手法としては、自分が学習したいと思う対象の項目ごとなどに、ランク付けをすることがコツです。

重要なものはAランク、中程度の重要性のものにはBランク、それ以外のものにはCランクといった具合です。

 

もちろんランク付け基準は学習する領域によって様々ですので、もう少し細かくランク付けするなり、自分独自のランク付けをするなり工夫してもよいでしょう。

例えば先ほどの大学受験の例でいえば、英語がA、数学がB、国語がCということになります。

 

そして、ランク付けが終わったら、その重要重要であるとされたものについて、優先的に学習するようにし、それ以外のものについては、重要であるものすべてのランク付けが終わってから覚えるようにするのです。

全てを覚えようとせずに、まずは重要なものから完璧にすることが、最も効率の良い勉強法なのです。

 

ランク付けを意識するメリット

good-points

 日頃から学習で優先順位を意識することによってメリットが生まれてきます。

学習効率が上がるだけでなく、日頃の生活においても無駄なことをしなくて済むようになるのです。

 

あれもしないと、これもしないとと思うあまり何も手につかなかった、あるいは中途半端になってしまったという経験はありませんか?

そういった時にランク付けを行えると、まずは何から始めるべきか、何を優先すべきかがしっかりと見えてくるのです。

 

情報の取捨選択を実践するだけで生活での効率性も高まり、理想の自分の実現につながる可能性が広がります!

 

まとめ

リソウノジブンの解答

・学習時間と効率の関係をしっかりと意識

・情報の取捨選択で学習するものの優先順位をつける

・日常生活にも応用することで自己実現の手助けに!!

最初は難しいかもしれませんが、慣れると長期的には理想の習慣になるはずです!

ぜひランク付けを意識して生活してみてくださいね!

sponsored link

皆さんは普段どういった場所で勉強されることが多いでしょうか? 人によって集中できる場所は様々ですが、一般的に勉強効率の上がる理想的な学
理想の自分を叶えるために日々いろんなことにチャレンジすることはとても大切なことです。 しかし、がむしゃらに突き進むだけでは道を見失った
理想の自分を誰もが持っていますが、現実はそう甘くはありません。 でも今すぐにでもできることはあります。この記事では、理想の自分を叶える