一重でも簡単にできる!魅力的な可愛いアイメイクをご紹介

一重だから綺麗にアイメイクができない…なんて悩みを持ったことはありませんか?
それは、単に自分の魅力の出し方を知らなかっただけかもしれません。

そこで、一重でも簡単に出来る理想のメイクをご紹介します。

 

一重がメイクしづらいと感じる理由

lady

 

一重さんが最も苦労するであろうアイメイクは、アイシャドウの入れ方だと思います。
なぜなら、くっきりとした二重幅がないのでダークカラーを入れづらいからです。

ですが、メイク次第ではアイシャドウを必要としなくなるかもしれません!
以下、守ってほしい事項を記載していきます。

 

ビューラーはしっかりめに

eyelash

 

一重さんは二重さんよりも、しっかりとビューラーを使ってまつげを持ち上げましょう。
二重幅がないことでまつげが根元から上がりづらくなるからです。
初めに通常のビューラーでまつげを上げたあとに、ホットビューラーで再び上げなおしましょう!

ビューラーの使い方は以前の記事をご覧ください!

理想的なマスカラのつけ方

 

マスカラでボリュームを出す

eye

 

これは一重さんだけに限らず、目が小さいかも…とコンプレックスを抱いてる方に共通して言えますが、
目をより華やかに見せたい場合は、マスカラでボリュームを出しましょう!
様々なマスカラを使いましたが、ロングタイプのものが1番目がはっきりと映りました。
なぜなら、ロングタイプのマスカラを使用することでより縦の幅を大きく見せてくれるからです。

マスカラの色はブラックがオススメです。
無難に思えるかもしれませんが、ブラックが1番目を強調してくれます。
ダマにならないように、長く縦に見せてあげましょう。

先ほど載せました記事からオススメのマスカラが見れますので、ご覧ください☆

 


アイラインは少し太めに

eye

 

以前にもアイラインの引き方を紹介しましたが(こちらから見れます☆)、この時よりも少し太めに引くことを意識してください。

あまり薄く引いてしまうと、まぶたに埋もれてしまう可能性があります。
そうなってはせっかく引いたのも意味がありません。

長さは少し出す意識を持ちながら、太さは気持ち太めに引きましょう。
跳ね上げてもタレ目にしてもOKです!
存在感が出ることだけを意識して書いてくださいね。

 

アイシャドウは引き締めカラーをチョイス

eyeshadow

 

一重さんは色物をふんだんに取り入れると目が腫れぼったく見えてしまいます。
どうしても色を入れたいときは、アイラインで色を入れましょう。

オススメカラーは無難にブラウンですが、ベージュやブラックなどもシックな雰囲気が出て良いです。

眉毛の下にラメ入りのゴールドシャドウや、目尻にシルバーシャドウなどを入れると、色がなくても華やかさがプラスされて魅力的なアイメイクが実現できます!
マットなシャドウよりもパール入りがオススメです☆

 

涙袋メイクを取り入れる

eyelash

 

一重でも目が大きい!と感じる方の大勢は涙袋があります。
涙袋があるだけで人懐っこい印象を与えてくれます。
涙袋がないという方は、故意的に涙袋を作りましょう。

ここで、涙袋メイクを紹介します!

 

ハイライトのシャドウを入れる

make

 

まず、涙袋を作りたい箇所にハイライトのシャドウを入れてください。
白かピンクがオススメですか、白だと色によってはギャルギャルしくなってしまうので薄ピンクがオススメです。

 

make

 

チークよりも薄いピンクで瞼にふっくら感を出してあげましょう!

こちらの画像では、Diorの限定商品を使用しました。

以下からチェックしてみてください!

 

涙袋を作りたい範囲にアイラインを引く

make

 

次に、涙袋を作りたい範囲を大きくラインで引いてください。
この際に使用するアイラインのタイプはペンシルまたはスティックタイプです。

アイラインを引く理由としては、涙袋がふっくらしているように見せるためです。
ボリュームを出してあげることによって、目の縦の幅が広く見えて理想的な目の形を作ることが出来ます。

こちらのアイラインでは、Diorのダークブラウンの物を使用しました。

以下からチェックしてみてください!

 

アイラインをぼかす

make

 

最後にアイラインを薄めに引いたら、指や綿棒でぼかしましょう。
より影っぽくなるように調節してください!
また、アイラインが濃くなりすぎてしまいましたら綿棒で色の濃淡の調節もしましょう。
あまり濃いと影というよりクマになってしまいます。

アイラインのオススメとしては、濃いめのブラウンかグレーがオススメです!
ブラックだとクマのようになってしまうので、色自体はあまりそこまでハッキリしてないものを選びましょう。

 

この手順をしっかり守ってもらえれば、一重さんでも魅力的な目をつくることができます!
アイメイクは、手がかかる割には崩れやすく、化粧直しなども大変ですよね。
なので、外で化粧を直すときにはアイラインだけでも持ち歩くことをオススメします!1番崩れやすく、1番直しやすい場所だからです。

自分に合うメイクが見つかるまで、試行錯誤してみましょう☆

 

リソウノジブンの解答

・アイラインは太めに入れる

・目力UPのために涙袋は必須!

・まつげはくりんとなるように意識する

いかがでしたか?

筆者も前までは一重同然の奥二重だったので、メイクしづらいなと感じることは多々ありました。

ですが、色々試してみることで理想的なアイメイクが出来るようになりました。

これを見ている皆さんも、是非理想的なアイメイクが実現できるまで試してみて下さい♪

 

sponsored link

女性の髪型の好みは男性によって異なりますが、男性にとってどのような髪型が理想なのでしょうか? 今回リソウノジブン編集部は20代男性50
アイシャドウを塗るとき、あまり冒険できずに無難なブラウンやベージュを選びがちな方は多いのではないでしょうか。 しかし、たまには気分を変
前回の記事でご紹介したように、リップティントも眉毛のティントと同じように今話題となっています。 眉毛は、描くのがなかなか難しいですよね
アイシャドウの塗り方次第で目の印象が変わるなぁと思ったことはありませんか? アイシャドウを入れてるか入れてないかだけでも、大分見え方は
あなたが普段1番意識していないところはどこでしょうか。 服装や髪型、メイクなどは気合い入れて美しく仕上げているかと思われますが、私生活
今では知らない人はいない、韓国発のコスメ、ティント。 聞いたことはあるけど実際には使い方がわからない、なんていう方もいらっしゃるのでは
  女性の悩みの1つ、ムダ毛。 剃っても剃っても生えてくるムダ毛は、その処理に時間も手間もかかってしまいます。 そんなムダ毛
爪先のオシャレにはネイルが欠かせませんが、ジェルネイルというものをご存知ですか? 知っているけれどどういうものかよくわからないという方
女の子なら、1度は気になるマツエク。 施術する長さや形によって派手目にもナチュラル目にも変身できちゃいます。 でも、どういう頼み方した
一般的にアイメイクをする際に1番色を取り入れやすいのはアイシャドウと言われています。 しかし、いつも同じメイクだと飽きてしまいますよね
うまくマスカラをつけたいけれども、マスカラがダマになったりまぶたについたりしてしまうという悩みは誰にでもあるものです。 この記事では手
歳を重ねるごとに、周囲からの目も気にするようになります。 1番周囲の人間がどこを見ているかわかりますか?実は、ムダ毛の処理なのです。
塗るだけ塗っても浮いてきたりしてしまうと、全体的に見栄えが悪くなってしまいます。 実はよくわからないでやっていた、なんて方もいらっしゃ
年度やシーズンによって流行のリップカラーは変化します。 2016年の春夏にかけては鮮やかな赤色のリップが流行しましたが、秋冬に流行する
女性の皆さんは普段メイクをする際に、1番何処に力を入れているでしょうか? 実は、顔の印象の1番の決め手は眉毛だと言われています。 &n
化粧の練習し始めに1番はじめに手をつけるところは、アイメイクの方が多いと思います。 アイメイクがしっかりしていると、周囲への印象もはっ
チークは化粧が苦手な初心者の方でも簡単にメイクができるとても便利なアイテムです。 色選びから、チークの入れ方によって印象がガラッと変わ
魅力的な口元って憧れませんか?トイレなどで1番化粧直しをする箇所は口紅やグロスを使うリップですが、リップの使い方一つで魅力的な口元は作
最近周りに便秘に悩む方、増えていませんか? 体質によるものだと思いがちですが、実は普段の生活習慣が原因かもしれません。 この記事では便