理想的なアイメイクの実現のために! 基本的なアイシャドウの塗り方

アイシャドウの塗り方次第で目の印象が変わるなぁと思ったことはありませんか?
アイシャドウを入れてるか入れてないかだけでも、大分見え方は変わってきます。

でも色の入れ方が意外と難しい…そんなあなたのために!
まずは基本的なアイシャドウの塗り方や種類をご紹介します。

アイシャドウの種類

クリームアイシャドウ

eye-shadow

引用元:http://gtbbpsawo.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-3891.html

 

クリームタイプのアイシャドウは、下地にも使えます。薄く伸ばせたり、発色もよく使えるのでとても便利です。

パウダータイプのような粉っぽさがないので、しっかり肌になじんでくれる優れものです。
理想は、クリームタイプのアイシャドウをベースにし、上からパウダータイプのアイシャドウを重ね塗りすることです。そうすることで、より綺麗に発色してくれます。

クリームタイプは少しヨレやすいので、少しずつまぶたにのせましょう。
また、擦るとヨレやすいのでチップなどでぼかすように気をつけましょう!

 

パウダーアイシャドウ

eye-shadow

引用元:amazon

 

アイシャドウの定番です。ブラシやチップによりグラデーションを演出することが可能です。

基本は4,5色で1つとして売ってるものが多いですが、パレットのような多くの色を含んだものから1つ1つの単品タイプまで様々です。
基本的にはハイライト、ベースカラー、ダークカラーが全て入っているので、アイシャドウが苦手な方でも手順に沿って使えば簡単に利用できます♪

 

ジェル状アイシャドウ

eye-shadow

引用元:http://9arcus-creation.com/archives/1380.html

 

艶のある目元を演出できるのがジェル状アイシャドウです。アイグロスとも呼ばれている、最近人気のアイテムです。
ラメ感もでやすく艶っぽい目元が簡単に作れます!

ジェルタイプのアイシャドウは、基本は単色が多く、指でなじませて使います。ですが、クリームタイプのアイシャドウ同様ヨレやすいので、パウダーアイシャドウを重ね塗りすることをオススメします。

 

ペンシルアイシャドウ

eye-shadow

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2139472341397286701/2139472985201825603

 

ぱっと見はアイライナーと変わらないように見えますが、アイライナーと比べると芯が太く柔らかいので、ぼかしやすいという特徴を持っています。

これ1本でアイライナーとアイシャドウを兼ねるので持ち運びは楽ちんです!
ポーチの中で粉砕してしまう…なんてこともなく使いやすいです。

ペンシルタイプはとても簡単にぼかせるので、失敗したときなども修正が効きやすいです☆
ぼかすのは指でもチップでも大丈夫です。時短になるので、朝忙しい方などにオススメです。
発色ももちろん抜群なので、カラフルなアイメイクにしたい方にはもってこいです!

 

アイシャドウを塗るための知識

まずはスキンケアを

skin-care

 

アイシャドウ以外でも、どのメイクをするにあたってもポイントとなってくるのはやはりスキンケアです。
日頃のスキンケアは必ず欠かさないように行いましょう。
やらなかった翌日とやった翌日では、肌の状態が全然違います。化粧ノリももちろん大きく変わってくるので、必ず欠かさずに!

スキンケアは以前紹介したので下のページから読んでみてください。
 スキンケア方法

 

アイメイクの基本

image

 

アイシャドウはアイホールに塗ります。
アイホールの図は上の通りです。ここにハイライトやベースカラーをのせていきます。

アイメイクをする際に、この膨らみを強調するよう心がけましょう!

 

アイシャドウにおける道具

アイシャドウブラシ

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

引用元:http://www.tanseidoshop.com/?pid=27398079

 

アイシャドウブラシは、広範囲に色をつけるときに使います。
つける量も調節できるので、グラデーションを綺麗に出すことができます!

 

チップ

brush

引用元:http://item.rakuten.co.jp/kumano-burasi/10000075/

 

チップは、目立たせたい場所にちょこんとのせるのがコツです。軽くポンポンとのせるイメージで大丈夫です。
力を入れすぎると瞼に負担がかかるので、力は入れすぎないようにしましょう。

 

アイカラーの名称

ハイライトカラー

eye-shadow

引用元:http://yudemacaron.com/kose-esprique-powder-eyeshadow-for-sunmmer-2015-3140

 

光沢感や透明感を出すのが、このハイライトです。
パレットの中で1番薄く明るい色です。
ベースに使用するので、ホール全体に塗りましょう。

 

ミディアムカラー

eye-shadow

引用元:http://mickey.828.girly.jp/?eid=1025838

 

ハイライトカラーとディープカラーの中間色で、グラデーションを作る際に必要となってきます。
人によってはミディアムカラーをディープカラーとして使用することもあるので、ナチュラルメイクが好きな方はディープカラーとして使用することをオススメします!

 

ディープカラー

%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%af

引用元:http://mery.jp/42135

 

ダークカラーとも呼ばれています。
暗い色なので、目元を引き締めるのに使うとメリハリがついて理想のアイメイクが実現します!

 

アイシャドウの塗り方

まずはハイライトカラー

初めにブラシにハイライトカラーをとります。
肌に馴染みやすい色なので、たっぷりめにとって大丈夫です!

high-light-color

筆にとったらホール全体に塗ります。
塗りすぎくらいでちょうどいいので、たくさんのせてください。

 

2色目のハイライトカラーをプラス

image-2

 次に2色目のハイライトカラーを筆にとって、先ほど塗った範囲よりも少し狭めに塗ってください。

二重の線より少し上からまつげの生え際までのゾーンを塗ると綺麗にグラデーションができます。

画像は薄ピンクをいれました!

 

ミディアムカラーを手に取る

image-3

 ミディアムカラーは指の腹にとって黒目の中心にポンポンとのせるように色をつけます。

普段より濃いメイクにしたい!という方は、目尻に少しのせても可愛いですよ☆

写真は少し濃いめのピンクをいれました。

 

最後にディープカラーをのせる

image-4

 最後にディープカラーを1番まつげの生え際に近い部分に塗ります。
チップでも指の腹にとっても大丈夫です!
目を大きく見せたい方は、下の目尻に2,3cmほど目頭に向かって塗るとデカ目効果があります。

これで完成です!

 

まとめ

リソウノジブンの解答

・初心者の方は順番に!

・パウダーアイシャドウが王道。迷ったらコレ!

・ハイライトは分かりにくくてもいれること

いかがでしたか?

アイシャドウは入れ方次第で雰囲気が変わります。

初めは難しいと思うので、初心者の方は手順を見て慣れていきましょう☆

 

一重だから綺麗にアイメイクができない…なんて悩みを持ったことはありませんか? それは、単に自分の魅力の出し方を知らなかっただけかもしれ
女性の髪型の好みは男性によって異なりますが、男性にとってどのような髪型が理想なのでしょうか? 今回リソウノジブン編集部は20代男性50
アイシャドウを塗るとき、あまり冒険できずに無難なブラウンやベージュを選びがちな方は多いのではないでしょうか。 しかし、たまには気分を変
前回の記事でご紹介したように、リップティントも眉毛のティントと同じように今話題となっています。 眉毛は、描くのがなかなか難しいですよね
あなたが普段1番意識していないところはどこでしょうか。 服装や髪型、メイクなどは気合い入れて美しく仕上げているかと思われますが、私生活
今では知らない人はいない、韓国発のコスメ、ティント。 聞いたことはあるけど実際には使い方がわからない、なんていう方もいらっしゃるのでは
  女性の悩みの1つ、ムダ毛。 剃っても剃っても生えてくるムダ毛は、その処理に時間も手間もかかってしまいます。 そんなムダ毛
爪先のオシャレにはネイルが欠かせませんが、ジェルネイルというものをご存知ですか? 知っているけれどどういうものかよくわからないという方
女の子なら、1度は気になるマツエク。 施術する長さや形によって派手目にもナチュラル目にも変身できちゃいます。 でも、どういう頼み方した
一般的にアイメイクをする際に1番色を取り入れやすいのはアイシャドウと言われています。 しかし、いつも同じメイクだと飽きてしまいますよね
うまくマスカラをつけたいけれども、マスカラがダマになったりまぶたについたりしてしまうという悩みは誰にでもあるものです。 この記事では手
歳を重ねるごとに、周囲からの目も気にするようになります。 1番周囲の人間がどこを見ているかわかりますか?実は、ムダ毛の処理なのです。
塗るだけ塗っても浮いてきたりしてしまうと、全体的に見栄えが悪くなってしまいます。 実はよくわからないでやっていた、なんて方もいらっしゃ
年度やシーズンによって流行のリップカラーは変化します。 2016年の春夏にかけては鮮やかな赤色のリップが流行しましたが、秋冬に流行する
女性の皆さんは普段メイクをする際に、1番何処に力を入れているでしょうか? 実は、顔の印象の1番の決め手は眉毛だと言われています。 &n
化粧の練習し始めに1番はじめに手をつけるところは、アイメイクの方が多いと思います。 アイメイクがしっかりしていると、周囲への印象もはっ
チークは化粧が苦手な初心者の方でも簡単にメイクができるとても便利なアイテムです。 色選びから、チークの入れ方によって印象がガラッと変わ
魅力的な口元って憧れませんか?トイレなどで1番化粧直しをする箇所は口紅やグロスを使うリップですが、リップの使い方一つで魅力的な口元は作
最近周りに便秘に悩む方、増えていませんか? 体質によるものだと思いがちですが、実は普段の生活習慣が原因かもしれません。 この記事では便