お金に困らない人には共通している!お金を引き寄せる人の7つの特徴

お金に困らない生活ができればと思う人がいる一方で、お金に不自由なく生活する人も存在します。

実は彼らには不思議とお金を引き付けるための習慣や行動を実践することでその生活を実現しているのです。

今回はそんなお金に困らない人たちの特徴をまとめてみました。

 

お金を稼ぐ目的

women-with-money

お金が欲しいという人は世の中に多けれど、それぞれの目的は個人によって異なります。

「生活費を稼ぐため」「家族を養うため」「贅沢をしたいため」など理由は千差万別です。

当然、現在お金に困っていない人たちのお金を稼ぐ理由も様々です。

 

しかし、お金を引き寄せる人たちの特徴というのはある共通のブレない特徴というものが存在します。

早速、5つの特徴をご紹介いたします。

 

お金に対して敬意を払っている

red-wallet

お金を引き寄せる人は決してお金に対して敬意を払うことを怠りません。

お金に敬意を払えるということは、そこまでお金に対する意識が日頃からしっかりしている証拠です。

お金に敬意を払う具体的な方法としては3つあります。

 

極力長財布を使う

お金に困らない人は札束が曲がって汚くなってしまわないように長財布を使う人が多いようです。

折りたたみ式だと何度も開閉しているうちに札の切れ目が広がって少し破れてしまうこともあるため、お金を大切に扱おうと思った時は長財布がオススメです。

 

札は揃えて頭の方から入れる

札束の向きは揃えて、頭の方から入れるようにするお金持ちは非常に多いです。

まず、札を揃える意図はお金を数えやすいようにするのと勘定の時に店員さんがわざわざ揃えなくていいようにするためです。

また、頭から札を入れるのはすぐに札が出て行かないようにという願掛けみたいなもので金融業界のビジネスマンであれば徹底していないと非常に恥ずかしい習慣です。

 

札とレシートは混同させない

また後でレシートを見返すからといって溜め込んでしまうのは貧乏人の証と言われています。

そんなズボラなことをしなくてもその場で携帯のアプリ機能で記帳できるため、レシートをためなくても済むはずなのです。

また、札とレシートが混合していると見た目が非常に汚いため雑な印象を与えてしまします。

 

お金に敬意を辛い続けることで自分の財布の状況を常に把握し、お金を管理することができるのです。

 

収入支出を常に把握している

income-outcome

お金を呼び寄せる人は、自身の収支を常に把握しています。

彼らは収支を常に管理することで、自分のお金の管理を徹底しているのです。

 

貯蓄が「貯蓄=収入ー支出」という式で表されていることは周知の事実でしょう。

しかし、昨日自分は一体いくらのお金を支出し今月いくらの収入があったのかを綿密に管理している人は少ないのではなないでしょうか。

上記を意識するだけでもお金に対する意識がきっと変わるはずです。

 

さて、あなたは今いくらのお金が財布に入っているか、正確に言い当てることができるでしょうか。

 


お金は自己投資に対して使う

writing-something

お金を使う時に留意するべき点は、使ったお金がその時限りで効力を失わないか否かという点です。

 

簡単に言うと、使っておしまいの「浪費」をするのではなく、使っていつかは利益となって返ってくる「自己投資」をすることがお金を呼び寄せために重要なことなのです。

お金に困らない人たちは、教養を深めるための書籍や健康維持のためのジム通いなどに対する出費を厭いません。

 

もしあなたがお金を増やしたいのであれば逆説的ではありますが、自己投資という目的でお金はどんどん使うべきなのかもしれません。

 

少額のお金にも敏感

coins

お金を引き寄せる人は少額のお金の用途にも非常に敏感です

例えば自販機でジュース一つを買うにしても、彼らは慎重です。たかが100円だからと軽視したりすることはありません。

 

100円が100回積み重なれば10,000円。

100円が1,000回積み重なれば100,000円。

決して馬鹿にできない金額に膨れ上がることを彼らは知っているのです。

 

その他に消費税や、月額300円程度のサービスなども同様です。

たかが8%、300円と軽視していても積み重なれば非常に大きな金額になるのです。

 

安物は買わない

お金に困らない人たちは衣服、白物家電、PCに至るまで安物を買うことはあまりしないようです。

 

というのも、安いものというものはそれなりに商品の質も低くなるということです。すなわち、安物の商品の寿命はそんなに長くないと言えます。

 

お金を引き寄せる人は60,000円のしっかりした少し高めのオーダースーツを1回買って4年使い、お金に困る人はもったいないからと20,000円の安いスーツを買い4年で4回買い換えるのです。

上記は極端な例ですが、安いからと思って買ったものは結局ぞんざいに扱ってしまってすぐにダメになります。

お金を引きよせたいなら、多少高くても良質で長持ちする商品を選ぶ方が良さそうです。

 

早起き

お金に困らない人は早起きをすることで、朝の時間を有効活用しています。

先ほど紹介した自己投資に当たる、勉強の時間や読書の時間を朝に行っているのです。朝の時間ほど頭がすっきり冴えていて誰にも邪魔されない時間はないです。

 

また、早起きする人は夜にダラダラと過ごすことはありません。

ついつい友人と飲み過ぎてしまった、夜更かしをしてしまったということがあれば飲み会代の浪費につながりますし、何より健康を損ねるリスクも高まります。

 

早起きを心がけることでお金を引き寄せる人に一歩近づくことができるのです。

 

健康維持を欠かさない

exercize

健康、体型は自己管理の証とも言われるほど近年は周囲の見方も変わってきました。

生活上一番の資本である体を管理できない人がお金を管理できるかといえば疑問符がついてしまう世の中です。

 

栄養バランスの整った食事と適度な運動を行い、健康管理を実践することでお金の管理ができる基盤作りを心がけましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

言われてみれば当然と思える内容が多かったとは思いますが、普段から意識するとなると意外と難しい事も多かったりします。

リソウノジブンの解答

・お金に対して敬意を払うことを忘れず、少額のお金にも気を使う

・お金は自己投資に使い、良質で長持ちするものを買う

・早起きを心がけ健康維持に努める

ぜひお金を引き寄せる人たちの習慣行動を参考に、自分の目的を達成するためにお金を稼いでみましょう!

sponsored link

普段、朝の時間帯は仕事や学校の準備に追われて何も出来なかったり、休日もゴロゴロして一日使ってしまったりという方はかなり多いのではないで
「早起きは三文の得」という言葉があるように、世の中では朝型生活が理想的であるとされています。 しかし、朝型生活を実践したいと思っても、
貯金したいと思ってもなかなか続かないのが貯金です。 その理由の一つとして、目標額をしっかりと定めていないというのが一つ大きな要因かもし
物忘れはついついがちですが、その頻度が多いと不安になることが多いです。 自分は他の人よりも物忘れが激しいと思っている方は、ちょっとした
新しく服を買いたい、外食したい、デートに行きたい。しかし、何をするにもお金が必要です。 そんな時に一気に稼げる高収入バイトがあれば短期
誰もが一度は羨むブランド物。買いたいけれど、どこで買うのが一番お得なのかはイマイチわかりにくいもの。 さらに、日本国内でいろんな店を回